人気ブログランキング |

山商リフォームサービス山﨑晶弘CEOの社長日誌

ceo8044.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 29日

インタビューの録音㊦

e0009056_8305545.jpg

──アベノミクスの政策で中古リフォーム再生プランがありますね。

山崎 アベノミクス事業の筆頭株です。2020年までにリフォームのマーケット6兆円を倍の12兆円、中古の流通4兆円を倍の8兆円、合わせて20兆円にするという事業規模で、税制面優遇などの追い風もあります。
これは国の都合で、利用価値はありますが、その通りになるとは思っていません。
 ただ、20兆円という数字はともかく、その方向には進むだろうと考えています。
 地方でどんどん人口が減って、社会基盤が閉鎖しますから、移動できる若者は東京に来ざるを得なくなります。

──首都圏では業者同士の強弱が顕著に成ってきましたが…

山崎 私は来年の消費税増税を待ち望んでいます。我々も消える可能性はありますが、陶太で勝ち残った者にとっては間違いなく市場が拡大するし、また業者が少なくなるので安定経営ができるようになります。
 欧米には新築専門の会社がなく、リフォーム主体の会社が新築も取り扱っています。同様に日本でも、2020年以降にリフォームで勝ち得たところが、ハウスメーカーで弱体化した部分を買い取って、ホールディングできると思っています。

──これからが正に勝負ですね。

山崎 わずか70年余りでこれだけ建ってしまったのは異常事態です。大きな変わり目には、今まで良かったところが、流れに対応できずに悪くなります。
 このチャンスを生かすには、メインバンクから「危ない会社を買い取ってほしい」と声がかかるぐらいの規模になっておかなければなりません。2020年までに100億円にしておけば、その切符は手に入ると思っています。正に千載一遇のチャンス来たり、というところです。

※写真はアシスタントの志村麗美さんです∂

by yamasho8044 | 2016-04-29 08:30 | リフォーム
2016年 04月 25日

インタビューの録音㊤

e0009056_836276.jpg

主に住宅リフォーム業者のホームページ等を製作するラン・リグさんで、クライアント向けの映像インタビューを、花のお江戸は日本橋三越前!?スタジオ於録画撮りして来ましたぁ(^o^)

──先ずは創業期からお聞かせ下さい。

山崎 昭和52年12月7日です。全くゼロからのスタートですが、父の会社名「山商」は受け継ぎました。

──リフォーム全般を始められたのは、いつ頃ですか。

山崎 10年ぐらい前からです。首都圏12店舗になりました。ここまで山あり谷ありどころか、絶壁もありでした。
 最初の10年間は順風満帆でした。高度経済成長期で、地方から人がどんどんやってきて都内に家を持ち、郊外にも家が増えていきました。そのうち、モルタルづくりの外壁にひび割れができて、我々に仕事が入ります。また時の建売住宅は汽車便と言われる和式トイレで、洋式トイレに替えたいという依頼も多かった。

中略

──今度の市場展望と取り組みをお聞かせ下さい。

山崎 2008年頃から人口が減っていますが、これは日本のあらゆる産業に関わることです。人がいて、そこでいろいろなことが起き、商売が生まれるからです。人口が減っているということは、じつはたいへんなことなのです。
 戦争で310万人が亡くなり、終戦時の人口は7000万人でした。ぜんぶ焼け野原になって、家と家財一式が消えてしまいました。
 衣食住の一つである家は、人間が生きていく上で、最低限必要な場所です。

──雨露を凌ぐところですね。

山崎 それがなくなってしまった。
 アメリカやヨーロッパにはハウスメーカーがなく、コントラクタという建設業者だけで供給できます。アメリカの人口は3億人で、新築着工件数も50万件とヨーロッパに比べて突出していますが、日本はなんと120万件〜180万件。
 積水ハウスやダイワハウスからリタイア後の親方までもが120万件の家を建てて、新築産業が成り立ってきました。
 戦後に7000万人の家が必要で、さらに復興のために産めよ増やせよということで、いわゆるベビーブームになりました。

──昭和22年(1947)から24年に生まれた子どもが団塊の世代ですね。

山崎 国策に則って人口が爆発的に増え、1.8倍の1億2800万人までになりました。それで、新築業界はもう空前のバブルです。
 大工さんだけでは間に合わなくなり、ポリバケツの積水化学工業やパイプの大和ハウス工業がハウスメーカーをつくるなどして、どんどん増えてきました。
それが現在空き家率で見ると、北海道から沖縄までの平均で、13.1〜13.5とされています。今は家が20件あると3件が空き家という時代です。
 地方はもちろん、東京でも国道沿いから一歩入ると本当に空き家が多い。

※写真はインタビュアーのラン・リグ渡邊社長(^人^)

by yamasho8044 | 2016-04-25 08:36 | リフォーム
2016年 04月 22日

久方振りのジェルコ九州支部大会へ(^o^)/

e0009056_8302896.jpg

今から13年程前、知り合いの業界紙編集長から誘われアメリカのリフォーム市場視察ツアーで知り合い(^^)/、業界団体ジェルコで現在一緒に副会長を務めるご当地九州支部の山口副会長のお招きで、一ぃ二ぃ…ナナナント通算4度目の九州支部大会に出席の誉にヽ(^0^)ノ

んなぁワケで今年も会長に代わって本部方針会員増強???を、‘今何故会員増強なのか!そしてジェルコとは?’、私の私見も交え切とお話しさせて戴きました(^o^;)

そんな熱い支部大会が終わってこれからが本当の支部大会(^.^;、真に懇親を図るべく博多は中洲に繰り出しぃ〜

昨今一説ではココ福岡がリフォーム戦国乱世の主戦場別名関ヶ原とも云われ(?_?;

山口副会長はじめ気心の知れた志同じうする者同士(志)との本音トークは止まる事なく、加えて晩秋の南の都の旬味が本場の焼酎を一層引き立てぇ、であればトーゼンに時の経つのも忘れ気付けば既に日が変わり(-_-)zzz

一睡の後夜が明け昨晩からの夢心地から覚め、チェックアウトも早々に我が戦場首都圏へと飛び立ちました(^_^)/~

by yamasho8044 | 2016-04-22 08:30 | リフォーム
2016年 04月 18日

社内旅行放浪記㊦

e0009056_8303038.jpg

過つてこのての社内旅行では、二次会以降も盛り上げ↑も且勘定¥も私が仕切っていたものですがぁ、それも今は昔⇔で二次会以降は未だ誰も居ない部屋に戻り(-_-)zzz‥

社員のみの忘年会では、更に一段階早く宴会が終わるや否や早くも9時前には(-_-)zzz zzz zzz

そんなこんなで二日目の朝はぐっすり&スッキリと目覚め\^o^/、7時〜どっぷり1時間大浴場から始まりサウナに露天風呂と私的温泉フルコースを熟し(^_^;)

8時〜の朝食もしっかりいただきぃ)^o^(

ゆっくりめの9時半、飲めや唄えやの懇親の場と化した旅の宿‘八幡屋’を後にし(^0^)/~、社内旅行二日目最初の経由地三春の滝桜へ(O_O)

向かう車内は昨日の午前中とは一変し夜行バス状態zzz、おそらくいつもの事ではありますが昨夜はほぼオールナイトかと(☆_☆)

三春の滝桜に着くやそこは20代中心の我社々員連、眠気を断ち切りいざ観桜へ〝〟〟

樹齢1000年を超える枝垂桜の巨木ですっかりめを覚(or冷?!)まし、ついでにといぅか気が付けばといぅか時は空腹時昼食時、社内旅行最後経由地の福島は本宮に在るアサヒビール園似てのジンギスカンに出来立てのビールで乾杯( ^^)Y☆Y(^^ )

昨日からの飲みっぱなし起きっぱなしで睡魔に襲われる中、この旅最後の観光地小峰城址のさくらまつりで大〆、明日からの各々の生活に戻るべく往路に脱ぎ捨てた現実を拾って帰路に就きました(^_-)-☆

by yamasho8044 | 2016-04-18 08:30 | リフォーム
2016年 04月 15日

社内旅行放浪記㊤

e0009056_8303110.jpg

e0009056_8303249.jpg

春に入ったのか!はたまたまた寒が戻って入らないか?、彼岸の中日の21日に[16年度第17期学卒入社式]を行い(^^)\(゜゜)、季節は梅が薫り桃膨らみ桜咲きそれらが総て開花し終えた春本番?!、12日(火)〜12日(水)に掛けての2日間我社1年半に1度の一大イベント社内旅行に行って来ましたぁ(^0^)/

向かうは相も変わらず東北方面へ〟〟〟

それでも今回は北関東は茨城県の偕楽園に西山荘から南東北は福島県の三春に小峰城址と正に旬の桜巡り(@_@)

社内旅行1日目は、常磐道を水戸IC出て国道50号線を経由し日本三大名園の一つ偕楽園へ〝〟〟

梅の名所としてその名を全国に馳せた名園ですが桜も見事!美事‼

終えて時は昼時腹拵え時!?、水戸の迎賓館と謳う水戸プラザホテル似て食し且飲み)^o^(

水戸といえば黄門様と、次なる地御老公が晩年を過ごした西山荘へと〃〃〃

ここから主たる目的今宵一夜の酒宴の場と為る宿福島県は母畑温泉‘八幡屋’へは高速道はなく、常磐道は那珂ICから須賀川へと結ぶ国道118号線経由で約2時間(¨;)

予定時間通りの夕刻4時到着\^o^/、これからの顛末は11日(月)配信予定の社内旅行アーカブイス㊦でφ(.. )

by yamasho8044 | 2016-04-15 08:30 | リフォーム
2016年 04月 11日

今年もLIXIL表彰旅行で沖縄へ∋

e0009056_8305516.jpg

e0009056_8305581.jpg

我社の販売促進の一環として、嘗てメーカーさんのショールームをお借りして相談会を開催といぅのが有りぃ、それまで我が商道の師(‥といってもこちらが一方的に思っているだけではありますがf^_^;)ダイエーの創業者中内功さんのフリーハンド路線(メーカー色を出さない)を堅持していましたが、その当時相談会を開催させて戴くに当たりその会社のリフォーム関連の組織(ネットワーク)に加盟している事が前提と為り、しからば全てのメーカーの統べての組織に加盟する事がフリーハンドを貫く事と解し、現在LIXIL(旧INAX)リフォームネットワーク、TOTOリモデルクラブ、クリナップのリフォーム水まわり工房、 ノーリツハウレッシュクラブとテンコ盛り×②!?状態に)^o^(

その内の双頭一つLIXILリフォームネットワークで、我が8044's本社に藤森社長が来社された際、もぅ一方のTOTOリモデルクラブを範として云々と蘊蓄を(__;)、それを受けてその表彰旅行として昨年に続いて今年も沖縄へお招き戴きました\(__)

私的に何故かこの時節沖縄には'縁'が有って、これまで記憶の限りですが6回余りそれも全て春に!、諺の如く2度有る事は3度有るどころか倍の6度有る事は7度有る(・_・?)

表彰式でのパーティーでは全国13,000社余りの中から秀でし仲間と、リフォーム戦国乱世の些かの懇親を計り、来年の再開を祈してそれぞれの戦場へと散りましたぁ(^_^)/~~

※写真㊤藤森社長よりトロフィーを授与㊦藤森社長を囲み同じ席の強者連と∂

by yamasho8044 | 2016-04-11 08:30 | リフォーム
2016年 04月 08日

恐縮です\(__;)

e0009056_8411874.jpg

サッシメーカーのトステムを中核に日本の主だった住設機器メーカーINAXとサンウエーブを中心に設立されたリクシル>>+<<、統合以前からそれぞれのネットワークに加盟していましたので、そのままスライドした感覚で尚現在も在籍ingf(^^;

そのリクシルグループを統帥する彼の藤森社長に代わって、モノタロウを築いた瀬戸社長が就任の挨拶に来社されました\(__)

サッシや住設機器のメーカーにとって出荷高でリフォームが新築を上回った昨今、創業期には材工共でしかお願いし得なかったた事を思うと想像だにしなかっただけに時の流れを感じます(-.-;)

名だたるメーカーの役員さんが表敬訪問して戴ける事以上に、商品開発部門のスタッフの方が来社され、より多くのお客様の要望を伝え商品に取り入れられる事が何よりの成果と考えますがぁ…

日本!、いや今や世界的住宅関連メーカーと成ったリクシルの次期社長の来社は、我が社のみならず住宅産業のこれからが何であるかを暗示する如くと捉えています!!

当世コラボレーション流行りですが、私的にはメーカーから何かしてもらう事ではなく、直接お客様と接し得た情報を元に、より使い勝手の良い商品をメーカーに開発してもらう事ですφ(.. )

かつて商品の価格は、卸売から小売迄造り手であるメーカーが支配していました(・o・)、but,戦後スーパー業界から流通革命が始まり、今や再販制度のある商品以外の多くはオープン価格となりました(・ _・)

そんなこんなを思い馳せているうちに隔世の感を抱き、創業以来何度読み返したか分からない城山三郎の[価格破壊]をまた読み返しています)^o^;)(

by yamasho8044 | 2016-04-08 08:41 | リフォーム
2016年 04月 04日

-

e0009056_831378.jpg

既に私的日常化!?はたまた恒例化?!の感しつつある講演行脚〃、but,いつもの如く所変われど話変わらずでぇいつもながらの一席を…

昨今既に空き家率は13%を超え、税制面や助成金等々の施策が+、更に人口が減少し経済が縮小する中30代の1次住宅取得層は、遠くて高い新築分譲から近くて安い中古住宅へとリセールバリューをも考慮し大きくシフトしています→←←

長らく少子高齢化と謂われつつも人口は減る事なく推移>しました!?、産まれてくる子供の数は1950年の246万人をピークに現在では半減しましたが ↓↓↓、高齢者の長寿化が進み統計的には±=0

しかしここ数年来高齢者が減り始め、地方の過疎化は中核市に及ぼうとしています→→→

正にー大転換期∽、これまでは誰かが上手く遣った事を模して行けばそれなりに成果が在りましたが、 これからは自らの仕組みを分析し何を遣るのか!、 そして何を遣らないのか!!を定めなければならないと考えています!(^^)!

大きなランニングコストを掛けるのか?、過つての成長期と同じ様にやみくもに店舗展開するのか??、 はたまたランニングコストを抑え今後も人口が維持される基盤の都市を絞って展開して行くのか…

いつもながらの持論を、お初のリブ・コンサルティングさんのセミナー似て話させて戴きましたぁ\(__)

by yamasho8044 | 2016-04-04 08:31 | リフォーム
2016年 04月 01日

ジェルコ三昧の日々≡

e0009056_839055.jpg

3月下旬に入って23日(水)24日(木)25日(金)と業界団体ジェルコ絡みで3連チャン→→→

山口元会長時代副会長に就任してからは、多い時は週に3日と本部事務局の在る八丁堀に通う事も度々∽∽∽

そんなジェルコ通い?も今は昔!、なるべく時間と経費を節約すべく会議等の回数を減らしぃ▲、それでも月に数回はジェルコ絡みの日々は続いていますがぁ(^^;

これからは人口が減り経済が縮小する社会では、我が住宅リフォーム業界のみならず各々の業種毎で淘汰され、勝ち残った者が負け去った者分をも加えて肥大する(。。;)

好む好まざる良い悪いではなく、これが正しく今そこにある“現実”です!!

この大変換期、既に設立から30年以上が経過し、組織の設立者(orメンバー)でも増しては同じ金額の会費を納める会員の立場でもある者が、既得事項在るものの改革を推し進めるには大変なエネルギーを費やします!(^^)!

しからば何故に其様に施するのかといえば、過つて一切の団体属さず情報孤児に陥り、会社の存続が風前の灯と為ったのを反面教師としているからにほかなりません(-.-;)

by yamasho8044 | 2016-04-01 08:39 | リフォーム